パティシエ エス コヤマ オリジナルのホームページへ
オンラインショップご利用ガイド
カートの中身を見る

 SUSUMU KOYAMA’S CREATION INTERNATIONAL CHOCOLATE AWARDS 2017一覧

その道を極めた創り手が生み出すマニアックな素材たち
カカオとのマリアージュが、新発見・再発見を導き出す


2017年の2月11日、ICAの主催者であるマリセル氏から耳を疑うような一言を聞かされた。「今年のICAのアメリカ大会は、3月29日が締め切りよ」。地球温暖化による世界的な気温の上昇が、チョコレートの製作期間に大きな影響を与えているという。2016年の創作期間は3ヶ月。それにひきかえ2017年は、実際にアイデアを形にするための創作期間はたったの20日。しかし、結果的にはタブレットを含めると50種類を超えるアイテムを生み出すことが出来た。その背景には、各地でひっそりと、一つの素材を極めんとするある種の“マニア”の方々の存在があった。とあるバーで出会った、“朝摘みだけ”“夜摘みだけ”のカシスで造られた2種類のカシス・リキュール、通常の4倍の原料で作られた「堅豆腐」をもろみ味噌に漬け込んで、えも言われぬ味わいと食感を生み出した「やまうにとうふ」など、どれも創作意欲を掻き立てる素材。さらに、昨年パリのサロン・デュ・ショコラで出会ったニカラグア産カカオのショコラ・オレをはじめとする、素晴らしい創り手が生み出した素材の味わいを引き立てるクーベルチュールの数々。「発見・再発見」を意味するDISCOVERYというテーマは、CHOCOLOGYに限らず、2017年の僕の創作すべてに流れるテーマ曲だった。ひと粒ひと粒に込められた創り手の思いが奏でる和音にそっと耳を傾けてほしい。


アイコンについて

SUSUMU KOYAMA’S CREATION INTERNATIONAL CHOCOLATE AWARDS 2017

1,620円

 こちらの商品もおすすめ